about Stuben

 

-
Refinishing
Detail
木部のクリーニング・再塗装・補修事例

<<back

 

  ◇ ソープクリーニング
北欧独特の仕上げであるソープフィニッシュのクリーニング例です。
無添加の石鹸で木部を洗い、白木の清潔な白さと風合いを蘇らせます。
  * CH24 / Hans J. Wegner

 

  01スペース02
02
03スペース04

 

  >> ビーチ材 ソープフィニッシュ


  * CH36 / Hans J. Wegner

Page top

 

  020202
02
020202

 

  >> オーク材 ソープフィニッシュ


  * No.401 / Niels O. Moller

Page top

 

  020202
02
020202

 

  >> オーク材 ソープフィニッシュ


  ◇ ソープクリーニング + オイルフィニッシュ
茶褐色の材や経年変化が進んだ白木材、オイルフィニッシュされた製品は、一旦石鹸で木部表面についた汚れを洗い落としてからオイルで仕上げますと全体的に同じトーンで仕上がります。
  * CH24 / Hans J. Wegner

Page top

 

  020202
02
020202

 

  >> オーク材ワックス仕上げ


  * No.75 / Niels O. Moller

Page top

 

  020202
02
020202

 

  >> オーク材ワックス仕上げ


  * Teak garden furniture / Gunilla Norin

Page top

 

  02
02

 

  02

 

  02
02

 

  02

 

  >> チーク材 無塗装


  ◇ 再塗装
塗装された製品は、長年の使用によって付いた傷や汚れに対して研磨し再塗装しますと輝きを取り戻します。
  * 7 chair / Arne Jacobsen

Page top

 

  020202

020202

 

  >> 25年程使われたセブンチェアの再塗装例です。
  本体の再塗装に加え脚部のポリッシュ、脚先のキャップの交換も行ってます。


  * 153B Bench / Alvar Aalto

Page top

 

  02
02

 

  02

 

  >> クリア塗装からウレタンのブラック塗装に塗り変えしました。


  * CH006 Table / Hans J. Wegner

Page top

 

  0202

 

  >> ムク板の集成材のため、打痕などを研磨して再塗装しました。


  * LUKKI 5 chair / Ilmari Tapiovaara

Page top

 

  020202

 

  02020202

 

  >> 背表に傷がついたため、パテ埋め補修の上再塗装しています。


  * CH316 Table / Hans J. Wegner

Page top

 

  0202

 

  >> アッシュ材突き板のテーブルです。
  購入から8年経過して輪染みや傷がついて劣化したため、古い塗膜を除去して再塗装を行いました。


  * Ry mobler / Table

Page top

 

  020202

 

  02
020202

 

  >> 約30年以上経過したオーク材ダイニングテーブルです。本体はムクの集成材ですが、伸長板が突板のため、
  研磨した本体の厚みに合わせて、突板を張りなおしました。


  * Y805C Side table/ Alvar Aalto

Page top

 

  02--02

 

  >> 全体を研磨して、艶を合わせたクリア塗装を施してます。

  <<back Page top